ハンドメイドcafe reomirai

フィードサックやヴィンテージファブリックなど
アンティークの生地を使ったハンドメイドをしています。
パッチワークのこと、子供のことなど、
日々の生活を書いています。
コメント&リンク大歓迎です^^

Latest Entries

Selected Entries

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009/04/03  スポンサードリンク
-

いいことあるかな・・・。

あまりの悲しさに、ずっと書けないでいましたが
実は母が入院中にあったできごともう一つ・・・。



(写真は亡くなる前日に撮った写真です。)

実は実家で飼っていたハスキー犬が
母の入院中亡くなりました。
私が中学生のときから居た犬で
16年ほど飼っており、ものすごくおばあちゃんでした。

なんと、この子(エス)も母と同じ「乳がん」を患っておりました。

犬は飼い主の病気をもらっていくといいますが、
母が入院中にだいぶ容態は悪化し、
ゴロンと横になったっきり、

ご飯も食べない・・・・。

みずも飲めない・・・。

私が「エス、もうすぐお母さん帰ってくるからね。がんばれ。」
というと、
もう立てなかったはずの足を引きずり、
玄関の方へ行くのです。

そして、そこの場所から動かなくなり、
ずっと寂しそうに外を眺めておりました。

前日夜中中苦しそうに鳴いていたので
夜中中ずっとお腹をなぜていた父。
近くに居ると痛みをぐっとがまんしているエス。
翌日動物病院へ連れて行くと、
パンパンに腫れたおなかの中に、
ウジがわいているということ・・・。
外で飼っていた犬なので傷口から入り込み、
お腹いっぱいにウジがわき、鮮血が止まりません。


このまま生かしておいてもかわいそうなだけということ・・・。

そして、16年という大変長いこと生きてくれたということ・・・。

沢山沢山、、、家族に愛されていたということ。


その誇りを胸にこの子は動物病院で天国へ行きました。
とても、優しい顔で眠るように行ったエス。

きっと、ほっておけば母が帰るまで
この子は激痛をがまんして内臓をすべてウジに食われても
生きて待っていたかもしれません・・・。
でも、、それではあまりにもかわいそうでした。

さようなら、かわいいエス。

亡くなる前日までとってもかわいい顔で
母を待っていたエス。

さようなら。


暗い話ばかりでごめんなさい^^
これは一週間前の話なので、私はもう大丈夫。
(とかいいながらこれを書きながらまた泣いてしまいましたが(笑))

コメントは閉じておきます。

2008/11/03 17:53 reomirai
日々のこと

スポンサーサイト

2009/04/03  スポンサードリンク
-